集合住宅

アメリカ不動産投資は高い収益が期待できる

住まいを探すサポートに

電卓

家賃保証は、連帯保証人を探すことができない入居者にとって、アパートやマンションを探すときに大きなサポートになると考えられます。時代の流れと共に生活環境が変化した現代にピッタリなサービスと言えるでしょう。

View Detail

安定した収益が期待できる

マンション

人口の多い大阪では、賃貸需要が大きいと考えられることから、不動産投資を考える人が数多くいます。収益物件の需要も大きく、沢山の収益物件が大阪では販売されています。

View Detail

トラブルに備える

スーツの男性

不動産投資を始める前には、不動産投資セミナーなどで知識を身につけることが大切です。不動産投資セミナーで身につけたことは、実際に不動産投資を始めたときの大きなサポートになると考えられます。

View Detail

賃貸需要が大きいアメリカ

住宅の模型

金融大国のアメリカには、投資対象となる商品の種類が豊富で、さまざま資産が対象にされています。いかに効率よく収益をあげるかという考えが進んでいるため多くの人が投資意欲を高く持っています。アメリカは、世界の経済の中心として、世界各国の経済を引っ張っている存在です。リーマンショックによって金融危機が起きた際、アメリカの中央銀行としての機能をもつFRBは大規模な金融緩和を行い、それにより多くのお金が市場に流れました。その資金が不動産業界にも流れてきて、近年では住宅などの不動産価格が再び上昇しています。賃料に関して見れば、物件の価格が大幅に下落したリーマンショックの時期でさえ上昇しています。そのような状況を背景として、アメリカ不動産投資が注目を集めています。

アメリカは日本に比べて空室率が低く、安定した収入を期待することができます。空室リスクは不動産経営を行う上で最も避けたいリスクとして考えられます。不動産経営は、入居者からの家賃収入によって成り立っています。空室率高いと、その家賃収入が少なくなることが考えられ、安定した収入が期待できなくなります。この空室率は、人口にも比例すると考えることができます。日本に比べてアメリカは人口が多いためその分賃貸需要も日本より大きいと考えることができます。このことを見ても、アメリカ不動産投資は高い収益性が見込まれると考えることができるでしょう。アメリカ不動産投資は、日本での浸透率はまだまだ低いですが、この先多くの人に認知されていくと予想できます。アメリカ不動産投資に興味がある人は、ネットなどで検索し、専門家に相談を依頼すると良いでしょう。